空明のスピリチュアル日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS 魂の旅 〜地球の時間・宇宙の時間〜

<<   作成日時 : 2014/08/19 23:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

地球は24時間で自転していて、一年は365日

西暦2014年という年号カウントはイエスキリストが誕生した年の翌年を元年として数えられています(実際はずれもある)
太陽の動きに合わせた暦 

月の動きに合わせた暦 



時間は同じリズムで永遠に刻み続けていると私たちは信じています。


共通認識をもっている方が、生活面で便利だからです。



でも、今私たちが呼吸して過ごしているこの時間が

たった一つのリズムではないって感じたことはありませんか?・・・・



同じ1時間でも短いと感じたり、長いと感じたりするのはどうしてなんだろう・・・・

宇宙が生まれて138億年

私たちが生まれて死に行く人生の時間なんて瞬きにも及ばない。


そう想像しているところに、テレビで紹介していた「アインシュタインの相対理論」のわかりやすい説明を偶然みました。


画像


それはひとつの進み方しかないと考えていた時間の進み方が、そうではなくてひとつではないんだよというのが相対理論なんだという教え方でした。


地球上の時間と、宇宙での時間の進み方にはズレがあって、それでいいんだよって。


「ふ〜〜んなるほど〜〜〜」と子どもたちは変に納得していました。


タイムマシンも理論上では作ることは可能だという話に、
「ドラえもんの世界は本当に実現するのかもしれないね!」と子どもたち。


「この世の中には、目にみえない次元がたくさんあるんだよ」と話すと、
子どもは浦島太郎の話を思い出したようです。

画像



「竜宮城が異次元で、そこから帰ってきたら、時間のずれが生じたって話が浦島太郎なら、
この話を語り繋いできた昔の人って、相対性理論のこと、わかっていたんじゃないの??」

次元って何?

0次元の世界(長さも幅も高さもない  ・   )

1次元の世界(長さだけある   −−−−−−)

2次元は縦と横の世界 =の世界

3次元は縦、横、奥行きからできています。=空間

そこに時間が加わって、今私たちが「体験している」と認識している4次元となります。



3次元の空間で存在する、物質としての「自分のからだ」

それは時間の経過で年老いていき、命が終わりを迎える・・・・これが私たちの生きている世界。


その時間の進み方が違う世界が、目にみえないところにあるとしたら・・・・・映画であるような異次元世界


それって、「死んだら人ってどうなるの?」って子どもに質問されるような感じで、うまく答えを説明できない。



4次元にエネルギー軸が加わると5次元の世界です。


目に見えない世界。


たましいの世界


意識の世界


そのエネルギーというのは私たちの意識のエネルギー。



でもそれはこの世の物質世界と別のところにある世界ではなくて、実は、
表裏一体のこの世の目にみえていない部分のことなのです。





意識したことが現実になる  


引き寄せの法則 というのが、その証明。


目に見えない意識の部分がプラスの方向を向いていれば、結果現実現象もプラスの事がおきるよ。っていうのも同じ。


ここ数10年ほど、この仕組みが本当のことなんだよと様々なところでアピールされています。



そう、人々が無意識に忘れていたその5次元の存在


それを思い出すための宇宙の時間の変化が21世紀のスタートとともに始まっています。


時間をこえる


次の時代へのたましいの旅













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魂の旅 〜地球の時間・宇宙の時間〜 空明のスピリチュアル日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる