空明のスピリチュアル日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS セルフセラピー 〜祈りなさい〜

<<   作成日時 : 2014/10/24 23:14   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 5

小学校で「道徳」という科目が必修になるというニュースを見ました。

私たち世代の子どもの頃は、どうだったのでしょうか・・・・


私は、幼稚園時代から高校まで、カトリック系のキリスト教の精神をもった学校で育ったので、
生活の中に精神的な学びが散りばめれていました。



毎週、「道徳」の授業があり、先生であるシスターがある聖書の一節をとりあげて、その意味を感じるための授業をしてくださっていたことを覚えています。

そこに、これはこういう意味です。という正解はなく、
自分なりに、考えて、思うことをまとめて提出する授業だった記憶があります。

それに対して、先生のコメントがひとこと添えられて、ノートが返ってきました。

画像



何が一番、人を幸せにするのか・・・・

8歳10歳の子どもながらに、心を使った記憶・・・・・


公立の学校教育には「宗教」が切り離されていますが、
子どもたちに道徳を学ばせようとするには、先生たちの精神力が必要だと思います。


私は、自分を振り返ると・・・・

子どもながらに、聖書の一節を
自分の小さな命とまだ始まったばかりの生活の中の経験に置き換えて、
「私はどうすればいいのかな・・・・」と一生懸命、真理を探そうとしたこと。

いいことだったと思っています。

あ・・・そういうことなのか・・・・

自分の気持ちを腑に落ちさせたのは、
今思えば、「祈り」と「感謝」です。


イエス様が言った言葉

マリア様の心使い

それを感じようとしたから、わかったこと。


手を合わせる心

それが教会であっても

神社であっても

お寺であっても、

お日様に向かってであってもかまわないと思うのです。




自分にある恵みに感謝 そして

誰かのために祈る・・・・・

誰かの幸せのために
自分がはたらく




シンプルに

それが素直にできるかどうか


道徳


徳をつむ道の歩き方があると思います



人をさとすことは難しいです。

勉強として教えるのはなおさら


それに点数や評価をつけて、成績をつけなくてはいけない先生たちの戸惑いも確かです。


頭で考えるのではなく

記憶として覚えるのではなく



感じさせる授業

気持ちを動かす授業が

これから増えて行くことを期待します。



家を整理していたら、思春期の時代に、シスターにもらったカードが出てきました。

画像



普段忘れていても、何かの時にふと思い出す・・・・

「感じたこと」は、ちゃんと魂の記憶に刻まれていきます。



社会人になったとき・・・・


ふと祈りの時間を思い出したくなって、足を運んでみた教会があります。


画像



大阪市の中央にある「玉造教会」


ここは、私が通っていた学校が初めて日本で出来た場所。
(学校はのちに大きな敷地に移転して、そこで繁栄する)

当時・・・・小学校の卒業行事のひとつとして、この教会での「公教要理」を受けたこと。

どうしてか・・・・すごく感動した記憶だけ残っていて、
社会人になって、ちょっと立ち止まりたくなったときに・・・・

この場所にもう一度行ってみたくなったのです。


私はクリスマスイブの夜・・・・一人で教会のミサに参加しました。


画像



そこで思い出したかったのは・・・・・

あの頃自分がもっていた

純粋さ」



そのことに気が付くための場所でした。


私の中にあった

「祈り」と「感謝」


それは私の心のふるさとのようなもの

安心する場所みたいな・・・・・



画像


マリアさまのような心になりたい


そう思っていた頃の自分がいたことを思い出した夜・・・・・


社会に出たてで経験したいろんな葛藤や不安

現実と理想の矛盾

つまずいた恋愛・・・嫉妬


大きくうねる自分の心をすーとなだめるように
何も考えずミサの席に座った私を洗い流すような祈り・・・・




そう幼子ながら憧れた自分を思い出すことで
なんだか、大きな慈悲のベールに包まれたような感覚になったのです。


画像


教会であっても


画像


神社であっても


画像


お寺であっても




画像


お日様にであっても

画像



海にむかってでも

画像



山の中ででもいい


そこで


心で手を合わすことを

感じてみてください・・・・・・・


安心するポイントを感じることが出来たら


素敵なシンクロが起き始めます・・・・・・










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
素敵な記事をありがとうございます
毎日 どこにいても どこにあっても 心からの祈りは 見つめ直せる時となり
学び 気づきとなっています
私も思春期は同じような環境で過ごしました 
道徳とは教えの元 人として生きる為の土台のように思います

2014/10/28 15:36
雪さんへ
素敵なコメントありがとうございます。
くう
2014/11/06 20:49
くうさん
お久しぶりです。お邪魔いたします。
ついつい頭で考えてしまいがちですが
感じることってとても大切ですね。
今ちょうどテーマだったので
くうさんのお言葉がすとんと入ってきました(^-^)
ありがとうございました。
ふぅ
2014/11/11 20:07
ふうさんへ
シンクロして、感じ合う時、ストン!ですね。コメントありがとうございます。(^^)
くう
2014/12/04 19:50
くうさん、お久しぶりです!
その教会、近所なので行ったことがあります☆
日本のまちには祈りがたくさんですね!
ちか
2014/12/05 18:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
セルフセラピー 〜祈りなさい〜 空明のスピリチュアル日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる