空明のスピリチュアル日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS セルフセラピー 歴史を知ることは 今を知ること 〜一円銀貨〜

<<   作成日時 : 2015/01/09 11:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

昨年末、新しい年へと時間が進むなか、冬至の日にかぼちゃを食べ、ゆずのお風呂に入っていた日

夫が偶然に手に入れた一枚のコインを私に見せました。


偶然行った仕事場で、偶然手にすることになった一枚のコイン


それは明治時代の一円銀貨


何故か、それを大切にしなきゃいけない気持ちになって受け取ったのだそうです。

偶然

その偶然に「メッセージ」が詰まっていることが多くあります。


それは様々なものを通して、自分の中の叡智から届きます。



初めて見た一円銀貨
一円銀貨について調べてみました。



幕末から明治へ・・・・・日本が変化を迎えたとき
日本は西欧の様々のよいものを生活に取り入れようとしました。

文明 文化

この銀貨もその象徴のひとつです。
一円銀貨は明治4年から大正3年まで、外国との貿易のために作られたものです。

明治天皇の太刀の金具を彫刻したことがあった加納夏雄が、1869(明治3)年7月新政府から新貨幣の見本の製作を命じられました。
製造はイギリスの工場へ託されたのですが、仕上がりに納得いかず、結果日本で彫金することになったのだそうです。その金属彫刻の優秀な技術は、外国人技術者を感嘆させるものであったといいます。

明治政府は外国に流通するような立派な貨幣をつくるためには、外国式の機械設備を持った造幣局を建設することが必要であることを悟り、明治元年(一八六八)の末から2年かけて、大阪に西洋式の造幣局を建設しました。

そういえば、夫が可愛がっている職場の新人君の弟が造幣局へ就職したことを思いだしました。




表  


画像



龍は天皇のお姿
西洋ではコインに国王や皇帝の姿を刻みますが、日本では恐れ多いとして、その姿を龍にうつしたのです。




画像




神鏡に菊の花と菊の葉と桐の葉のデザイン


この銀貨が通用していた時代・・・・アンパン1個が1銭

1円は今の2万円くらいの価値ではないでしょうか。

「どうしてこのコイン、うちに来たんだろうね。」


今の1円

100年以上前の1円

同じ一円なのに、価値は違います。


形あるものの価値なんて、その時 その時で変化するのです。


周りの評判や期待でははく、

こだわりや、思い込みをすてて

本物を見抜いて

自分なりの価値を見出したいよね・・・・



夫婦でそんな話をしました。


いつか、この1円の意味が分かる日が近くあるような予感・・・・・


明治時代を生きていた自分たちの先祖に想いを馳せてみました。

どんな世の中だったのだろう・・・・

どんな生活だったのだろう・・・・

どんな思いだったのだろう・・・・


夫婦で話しているうちに


過去を振り返ったり、歴史を学んだりすることは

そこに縛られるためではなく

本当はそこから自由になるためのものなんだということを、再認識しました。


私たちは、ずっと過去にひっかかっていた兄妹・家族との確執にひとつのきずきをもらって、新年からあたらしい気持ちで生きていくことをその日(冬至)、決めたのです。


古くからいいものが伝承されている日本


その古さにしがみつくのではなく、本当はその時代時代の最新技術が継承されていくのが歴史


伊勢神宮の式年遷宮の時にそれを感じさせていただきました。


引き継ぐということは

今を繋ぐという事


私はちっぽけな普通の人間で
大それた偉業は残せないけれど・・・・





今自分が生きている時を

子どもたちに

周りの人たちに 

素直に 凛と誇らしげに 伝えられるような前進をしていきたいと思います。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
周りの評判や期待でははく・・自分なりの価値・・・・
今の私にとってとてもありがたい言葉でした ありがとうございました m(_ _)m
ゆき
2015/01/19 14:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
セルフセラピー 歴史を知ることは 今を知ること 〜一円銀貨〜 空明のスピリチュアル日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる