空明のスピリチュアル日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS 神棚のある生活へ

<<   作成日時 : 2015/05/01 10:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

朝、雨戸を開けて、窓から部屋に光が入る瞬間が好きです。

季節によって、朝陽の位置が違ったり、
肌に感じる空気の冷たさが変わること


画像



当たり前にやってくる朝ですが

昨日 今日  明日  同じではないと感じる瞬間



こんな私でいられるのは

ある日の出来事がきっかけです。


家にいることがあまりなかった外向きのOLだった私が、普通に結婚して、主婦になって
子どもが生まれて忙しくバタバタとしていた日々

念願の新居

いいことはちゃんとやりたいって思っていたので、夫婦で決めて、ある「神棚」を家にお迎えしました。


それは、人から勧められた ある宗教の神様の神棚でした。

それまでは、それが自分たちにとって大切な心の拠り所だと思っていたのです。


毎月、その神様の聖地と言われる場所にも参拝を重ねていました。


画像



環境が変わるとき、 それは、運が動くとき

新居で暮らし始めて、家族には外からいろいろな影響が及ぶ環境に変化していきました。


子どもたちが沢山遊びにくることは良いことだと思っていたし、
ママ友達を作ることも必要だと思っていたし、
それが普通の暮らしだと思っていたのです。


結婚生活もずっと同じ毎日ではありません。

3年 5年 10年

いろいろな過渡期が訪れます。もう一度2人の関係について考えよう・・・という節目の時がやってきます。
私たち夫婦にも何度も、その節目がありました。

そして、8年前の4月18日  私の扉が開いた日・・・・・

http://20070418.at.webry.info/201404/article_4.html

激痛の頭痛に襲われた意味・・・・

「間違ったことをしている。それを今からやめなさい」

そう、霊媒師の方から言われたとき、私の中にすぐ浮かび上がったは、家の「神棚」でした。


信じていた道を、やめることには勇気が必要でした。

しかし、私は紛れもなく自分で感じとった「真実」に、もう背いて進むことはできなくなっていました。


その宗教を否定することはしません。
その世界で、救われている人もいるでしょうし、心の支えで命を繋いでいる人もいるでしょう。

私にとって、私たち家族にとって、これではないという事だったのです。

「天照大御神」さまを家にお迎えすることにしました。


伊勢へ行こう

http://20070418.at.webry.info/200903/article_9.html

すでにそのタイミングが用意されていることに気が付きました。

伊勢神宮のすぐ近くに友人がいたこと しっかりキーパソンが用意されていたことに感謝しました。


「天照大御神」の神棚をお迎えするために、場所を整えるために、神宮で手に入るお札とお社を調べている時のこと、サンプルの写真をみると、

「コレ!!」

画像



うちにお迎えするお社はこれですよ。とはっきりと感じ取ったのです。自分に必要なものが、こんなにはっきりわかる経験は、ここから始まりました。


私たち家族は、心してその聖域にお参りし、その神気をお迎えすることにしたのです。





伊勢神宮のお札とお社

我が家へ

その場所へお迎えしたその瞬間

家の中にかかっていた曇りのようなものが、パーッと晴れたような
清々しさが目にみえて訪れたのです。

大事なのはまつる人の心

清らかに保とうと意識すること


すると、我が心にもその清々しさがやってくる


神棚がある生活


それは、自らを常に浄化する生き方


そのありがたさを日々感じている今です

これは

日本 この地に生きてきた先祖たちが生きてきた道なんだと
その手本があったことを感謝します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神棚のある生活へ 空明のスピリチュアル日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる