空明のスピリチュアル日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS 光りのチャージ  〜 生駒山 鬼取へ 〜

<<   作成日時 : 2015/06/23 10:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

夏休みになると、愛媛の祖父の家に行っていた子どもの頃・・・・・

祖父と登ったみかん山

いとこと遊んだ川遊び

夕方、畑にキュウリやナスを採りに行って、それを塩もみや味噌和えで食べた日々。

お腹がすいたら、台所でかじった採れたてのトマト。



そんな素朴な幸せ感を感じさせてくれる場所
それは、私たちにとって心の宝物・・・・・




私は奈良に住んでいます。


最近、そんな素朴な幸せを思い出させてくれる場所を見つけました。



奈良県で有名な大仏のある東大寺の東にあるのは春日山、三笠山

それに対面して西に夕日が沈む山 生駒山



画像



私は、ときどき生駒山へのぼります。



そこに、鬼取と呼ばれる場所があります。


7世紀中ごろ、この山には2人の鬼賊が住んでいて付近の村に出没しては良民を苦しめていたといいます。


葛城山で修行中の修験道の開祖、役小角がそれを聞き、2人を捕えて訓戒させようと思い、不動明王に呪縛の祈誓を行ったところ難なく結願の日にこの両賊を捕えることができました。

このことからその地の山を鬼取山と呼ぶようになったといいます。


画像



私はこの山にときどき登ります。


気持ちを切り替えたいとき、

すっきりしたいとき、

わくわくしたいとき、

いろんな時に歩いて、ただただ歩いて山に入ります。



もちろん時には、車で、窓を開けて、森の中の空気を感じながら上がるときもあります。


役行者(役小角)も、空海も、その山で修行したと思うと、たましいがわくわくするのです。


東京のスカイツリーと同じ高さくらいの山ですが、その神秘性は古事記やいろいろな神話に登場することで証明されています。





鬼取の急な坂道の途中にあるお茶屋さん

そこが私の故郷の空気を思い出させるお食事処

画像


「鬼の茶屋」


奈良盆地を見下ろしながら、素朴な田舎の空気を味わいます。


自分の畑で育てたお野菜を使って作られる惣菜

そしてお腹にやさしい茶粥

その中でも私が好きなのは、お腹いっぱいになる満足感をそそる野菜の天ぷらです。


画像



自然の中で

自然のものを口にすると・・・・・


普段、身体によくないものをとったり

むやみに食べ過ぎたりしていることを反省させられます。


私が元気をチャージする場所のひとつです。



画像




ちょっと意味ある奈良の旅を経験したい方へ

生駒山 お勧めします。





鬼の茶屋 にしもと 


0743-77-8476


お天気のいい日にはハイカーの方でにぎわいます。
予約優先ですので、ぜひお電話してからお出かけください。

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
光りのチャージ  〜 生駒山 鬼取へ 〜 空明のスピリチュアル日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる